しわ対策していますか?

しわ,取り,クリーム

しわの原因を知る

 

しわを取りたいと願う多くの女性にとって、大事なことは自分の詩話がどんなタイプのしわであることを知ることです。

 

原因を知らなければ対処の使用がありません。それでは、しわの種類について考えていきましょう。

 

紫外線じわは肌にハリがなく、たるんできます。

 

日に焼けて真っ黒になった経験がある人、紫外線対策を一年中行なっていないならばこのタイプのしわかもしれません。

 

乾燥じわは目の下や口元など乾燥しやすい部分に細かく小さなしわができます。表面がカサカサして突っ張っている感じです。

 

表情じわはひたい、目のまわり、口元にできます。眉間にしわを寄せるなどの“くせ”が原因です。

 

筋肉老化じわは顔全体がたるんで全体的にうっすらとあるしわです。無表情で顔の筋肉をあまり動かさないのが原因と考えられます。痩せじわは顔全体にしわが目立ちます。

 

急に痩せたことなどで起こります。バランスのいい食事を心がけることが大事です。

 

スキンケアじわはスキンケアやマッサージのし過ぎで起こるしわです。力を入れてマッサージするのはしわの原因なんです。

 

しわの有効成分

 

しわ,取り,クリーム

 

多くの商品がしわ取りの効果をうたっていますが、本当に効果のないものもあります。

 

そこでそんな商品にだまされないために、しわに効果的とされる美容成分が入っているかどうかを確認する必要があります。どんな成分がしわ取りに有効とされているのでしょうか?

 

セラミドなどの保湿成分です。セラミドは細胞間脂質の保湿成分なので深いしわにも効果を期待できます。

 

コラーゲン・エラスチンなどは、浅いシワに有効的です。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたものです。ビタミンCは美容にとても効果的なのですが、保湿効果に優れています。レチノールはビタミンAのひとつです。

 

これは細胞に作用して真皮のコラーゲンを増やす効果があります。しわはコラーゲンの低下によってひきおこされるものなので、レチノールは効果をより期待できるでしょう。

 

紫外線しわの予防法

 

しわの予防

 

今しわで悩んでいる中高年の女性は、若いころに紫外線のケアを行っていなかったのではありませんか?
もちろんそのころには紫外線の危険性について今ほど言われていなかったということが原因でもあります。

 

しわを取りたいという気持ちもわかりますが、予防も大事です。紫外線じわを予防するには、まずは一年中紫外線対策を行うことです。季節に合わせた紫外線ケアが大事です。

 

うっかり紫外線を浴びたときには、ビタミンCです。野菜や果物、ビタミンCのサプリメントでしっかりとケアをします。

 

ビタミンC誘導体入りの美容液をしわができやすい部分に塗ることもおすすめです。何でもそうですが継続に意味があります。

 

たくさんのケアを一度にしたからといって、効果が出るわけではありません。

 

継続的に地道にケアを続けることが大事なのです。美はまさに1日にしてならず!と、思いしっかり将来のため思いケアを行いましょう。